ゼクシィ縁結びカウンターで結果が出ない!? 利用前に必ず知っておきたい向いていない人の共通点?

投稿日:

ねこ婚活研究所のノッコです。

今回は、

『出会い方を変えれば、縁が生まれる

入会した方の10人に8人が1か月以内に出会っています。』のキャッチコピーで噂の

ゼクシィ縁結びカウンターというリクルートが運営する結婚相談所をレビューしていきますね。

 

ゼクシィ縁結びカウンター

販売業者
株式会社リクルートマーケティングパートナーズ

住所
〒104-0031 東京都中央区京橋2-1-3 京橋トラストタワー

 

サービス概要

ゼクシィ縁結びカウンターは、専任のマッチングコーディネーターがサポートする“結婚相談所”です。

3つの方法で、お相手を探します。

1.データベースから検索

入会後、会員専用IDとパスワードをお渡しいたします。

会員データベースにアクセスし、パソコンやスマートフォンからご自身の都合の良い時間

場所で探していただくことができます。

2.マッチングコーディネーターからご紹介

マッチングコーディネーターが、写真やプロフィールからだけでは判断できない人柄を考慮し、

あなたの条件に近い方が見つかりましたら紹介いたします。

もちろんお会いするかどうかは、ご自身の意思で決めていただけます。

3.会員の方限定のイベントにご参加

定期的に会員の方限定のパーティーやイベントなどを開催しております。

特に人柄を重視したいという方には、最適な機会になりますので活用ください。

 

レビュー

 

今 最も成長をしている結婚相談所といえば、

「ゼクシィ縁結びカウンター」でしょう。

 

サービス開始から まだ2年ですが、

一カ月先までカウンセリングの予約が埋まっているなんてことも、地域によって あるみたいです。

 

その人気の秘密はどこにあるのでしょうか。

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

レビューゼクシィ縁結びカウンターとは?

 

「ゼクシィ縁結びカウンター」は、ゼクシィという名前からわかるように、

結婚情報誌を発行するリクルートグループが運営する結婚相談所です。

 

結婚する女性の味方代表のゼクシィが名前になるだけあって、

信頼は高いです。

 

ゼクシィ縁結びカウンターの最大の特徴は、

パートナーエージェントやエン婚活といった他の結婚相談所の会員とも

知り合うことができるという点です。

 

ゼクシィ縁結びカウンター以外を利用している、他の会員とも知り合うことができるので、

より多くの異性と出会うことができます。

 

因みに、「ゼクシィ縁結びカウンター」と「ゼクシィ縁結び」は別モノです。

 

「縁結びカウンター」はしっかりとした結婚相談所で、

入会には独身証明書が必要です。

 

一方で「ゼクシィ縁結び」は いわゆるマッチングアプリと呼ばれるもので、

大きくは、ペアーズやタップル誕生と同じカテゴリーになります。

結婚を前提としている人は「ゼクシィ縁結びカウンター」を利用するほうが間違いないでしょう!

 

実際の会員数はどのくらい?

 

ゼクシィ縁結びカウンターの実際の会員数は はっきりと「分からない」というのが答えになります。

というのも、「ゼクシィ縁結びカウンター」は、

コネクトシップ」という複数の結婚相談所で会員を共有する制度を取っているからです。

 

ちなみに、コネクトシップを利用している結婚相談所(婚活運営会社)は以下の10社です。

  • パートナーエージェント
  • ゼクシィ縁結びカウンター
  • Yahoo! 婚活コンシェル
  • マリックス
  • 日本仲人連盟
  • OTOCON MEMBERS 婚活カウンター
  • 日本結婚相談協会
  • エン婚活
  • エキサイト結婚相談所 powered by PARTNER AGENT
    ichie

つまりどういうことかというと、

ゼクシィ縁結びカウンターに入会すれば、

他の9社を利用している会員とも出会うことができるのです。

 

入り口は違うけど出口(ゴール)は一緒になるかも知れない。というと分かりやすいでしょうか。

便利ですね!

 

入会の方法

 

入会の申込は ネットだけで完結というわけにはいきません。

必ず『ゼクシィ縁結びカウンター』(店舗)に行って契約する必要があります。

 

つまり、次のステップを踏む必要があります。

 

ステップ1 まずは、無料相談をご予約する。

ホームページまたは電話で、希望日時を伝えて予約する。

ステップ2 無料相談を受ける。

質問をすることができる。(強引な勧誘はされない)

ステップ3 会員手続き (クーリングオフも可能)

コーディネーターと今後のスケジュールを打ち合わせ

このような流れになります。

 

入会に必要な書類

 

また、契約の時に必要な書類は以下の2つです。

・ご本人確認書類
(免許証/パスポートなど、氏名・住所・生年月日の確認できる公的な証明書)

・キャッシュカードと銀行印
(翌月以降の月会費自動口座振替の手続きに必要となります)

 

そして、活動する上で提出する書類は 別途に

  • プロフィール写真(縦横比4:3のもの)
  • 独身証明書(3ヶ月以内に発行されたもの)
  • 収入証明書(源泉徴収票/確定申告書)
  • 学歴証明書(卒業証書/卒業証明書)
  • 資格証明書(国家資格等をお持ちの場合のみ)

このようなものが必要です。

お互いを信頼する上で 必要な書類です。

ここがアプリなどの婚活と比べて、会員の質が変わる要因ですね。

 

退会の手続きは?

また、心配なのが すんなりと退会できるのか?どうかということですが、

退会または 休会の手続きは、何日縛りとかなく自由にすることができます。

 

退会を希望する場合はメールで、文面にして申し出るだけでOKです。

いわゆる「退会しにくいような特別なハードル」はありません。

 

20日締めになっていますから、その月の20日に間に合えば、

翌月から退会が認めてもらえます。

これは、休会を希望する場合でも同様ですね。

 

コネクトシップの会員数は?

 

ここで気になってくるのがコネクトシップ(他の結婚相談所も含めた)の会員数です。

 

コネクトシップのホームページなどには残念ながら人数のデータがありませんでしたが、

ゼクシィ縁結びカウンターのホームページにヒントがありました。

 

ゼクシィ縁結びカウンターでは、

現在の会員数は【55,000人】と発表しています。

 

この人数は

パートナーエージェントのコネクトシップ利用会員

〇 ゼクシィ縁結びカウンターの利用会員

〇 その他コネクトシップの利用会員

の合計となります。

 

つまり、ゼクシィ縁結びカウンターを利用したら、

この55,000人の中からお相手を探すことができるのです!

 

なかでも、パートナーエージェント日本仲人連盟

エン婚活などはそれなりに多くの会員数を持っていますので、

これらに所属する意識の高いお相手とやり取りができるというのは

非常に大きなメリットだと思います。

 

会員数の比較

一応、他の大手と呼ばれる結婚相談所が、公開している会員数と比較をしてみます。

IBJメンバーズ(日本結婚相談所連盟) 60,000人
楽天オーネット 50,000人
ツヴァイ 35,000人
ゼクシィ縁結び(コネクトシップ) 55,000人

※ゼクシィ縁結び(コネクトシップ)以外の人数は四捨五入で調整

 

こうしてみるとIBJ(日本結婚相談所連盟)

楽天オーネットツヴァイといった大手よりは、若干少ないですが、

ゼクシィ縁結びカウンターは、サービス開始からまだ2年ほどしか経っていません。

 

にもかかわらず、ここまで会員がいるのは凄いですし、それだけ

新規の会員の率が高いことになります。

今後も会員数は増えていくとすると、かなり会員の質は期待できると思います!

 

価格的にどう?

 

ゼクシィ縁結びカウンターが若い世代の女性を中心に人気を集めている理由が、

価格の安さにあります。

 

大手と呼ばれる結婚相談所4社のスタンダードな人気プランと比較してみましょう。

1年で成婚したときの総額
ゼクシィ縁結びカウンター 236,520
ツヴァイ 236,520
IBJメンバーズ 669,600
パートナーエージェント 396,360
楽天オーネット 294,624

※料金は税込み、お見合い回数は6回で比較しています。

 

こうしてみると、ゼクシィは「ツヴァイ」と同価格帯で、

「パートナーエージェントや楽天よりは安い」というところでしょうか。

 

カウンセリングの回数などのサービス面を加味しても、

その価格で、パートナーエージェントを利用している異性と出会えるというのは、

非常に大きなメリットだと思います。

 

シンプルプラン

スタンダードプラン

プレミアプラン
料金
入会金 30,000円 30,000円 30,000円
月会費 9,000円 16,000円 23,000円
活動サポト内容
検索からのファースト
コンタクトお申し込み
10人/月 10人/月 10人/月
紹介からのファースト
コンタクトお申し込み
6人/月 6人/月
ファーストコンタクト
成立保証
あり(月1件以上)
定期面談 オプション 3カ月に1回 2カ月に1回
電話・メールでの
活動サポート
あり あり あり

 

入会金は3万円。月会費9800円~

成婚料は無料。と結婚相談所の中では比較的リーズナブルで、

『ゼクシィならではの豊富な情報量と安心のサポートで、

はじめての婚活を応援します』というスタンスですね。

 

ゼクシィは言わずと知れた結婚の情報誌です。

そのブランドのパワーを この価格で、ということであれば説得力があり、

若い世代の女性を中心に、会員が集まっているのが現状のようです。

 

メリットとデメリット

さて、評判や口コミもいい感触のモノが多いゼクシィ縁結びカウンター。

メリットとデメリットを上げて、まとめてみたいと思います。

 

メリット

複数の結婚相談所・婚活事業者の会員と出会うことができる。

ゼクシィの持つ結婚情報サービスを受けることができる。

〇結果的に低価格で、コネクトシップを利用することができる。

大きくまとめると、このようなことがメリットになりますね。

 

デメリット

〇積極的に動けない性格だと なかなか厳しい。

〇入会に年齢条件がある。

〇プラスアルファで日本結婚相談所連盟の会員とは知り逢えない。

といったところです。

「プラスアルファで日本結婚相談所連盟の会員とは知り逢えない。」という内容は どうでも良いことですが、

コネクトシップとは別に、そういう制度をひいている相談所もあるということだけは、知っておいてもいいかと思います。

 

あと、前にもふれましたが、一応注意しておきたいのが、

出会う相手が全員「自分と同じゼクシィ縁結びカウンターの会員であるとは限らない」ということです。

 

これは、コネクトシップというシステムを利用しているメリットでもあるのですが、

エン婚活やパートナーエージェントなど、

他の結婚相談所を利用する方と知り合うということは

ルールや価格が異なるお相手と出会うということです。

 

そうなると、結婚に対する意識のズレがあったり、

それぞれのカウンセラーの考え方や、方針も微妙に異なります。

 

お付き合いの後に何か問題が起こった場合、

その対応が、1カ所に所属する会員だけの場合と違って、

遅くなるという課題が出てきますね。

また、入会には男性は18~54歳前後

女性は18~45歳前後という年齢の制限があるのでご注意ください。

 

ですが、ゼクシィ縁結びカウンターは、

現在「コネクトシップ」を利用している結婚相談所の中では、

ダントツにオススメです。

 

リクルートが運営していて安心感がありますし、

なにより会員の増加が止まらないので、今後のサービスの向上や会員の質にも期待できます!

 

他の結婚相談所と比較してもコスパは良いですし、

なにより「ゼクシィ」っていう名前がついているだけで結婚を意識しちゃいますよね!

 

どこの結婚相談所を使うかに迷っているのであれば、

無料相談会に足を運んでみてもいいのではないでしょうか。

 

成長し続けるゼクシィ縁結びカウンター

料金もリーズナブルなことから、

初めて婚活をする40代の男性にも利用者が増えているようです。

 

でも、やっぱり向き不向きはありますよね。

ゼクシィ縁結びカウンターを利用する前に注意しておくべきことを、今一度確認しておきましょう!

 

入会時の注意

 

大人気のゼクシィ縁結びカウンターですが、実は入会には ちょっとした制限があります。

男性は 18歳~54歳前後であること

女性は 18歳~45歳前後であること

男性は安定した収入があること

という3つです。

 

大抵の結婚相談所の場合、似たような制限を設けていますので常識の範囲内ですね。

もちろん、「ゼクシィ縁結び」とは違い、「ゼクシィ縁結びカウンター」は結婚相談所です。

独身証明書をはじめとした身分証明書が必要となりますので、こちらもご用意しましょう!

 

よく勘違いされがちなのが、先ほども言った「ゼクシィ縁結び」との違いです。

「ゼクシィ縁結び」はよくあるマッチングを目的としたアプリです。

 

「Pairs」とか「タップル誕生」みたいなマッチング系・出会い系SNSと呼ばれる形態ですね。

こちらは、登録をしなくても使っている人たちを観覧できるなど、

「ゼクシィ縁結びカウンター」への入門編的なサービスになります。

 

一方、「ゼクシィ縁結びカウンター」はしっかりとした結婚相談所です。

なので、どこが違うのかと言えば

入会にはカウンセラーとの面談は勿論

住民票や独身証明書、身分証明書などの書類も必要となります。

 

なので、変な人は登録できない仕組みになっていますから、

結婚を前提とした真剣な婚活をするのであれば、

二の足を踏まない為にも、「ゼクシィ縁結びカウンター」から検討してみるのもいいと思います。

 

ゼクシィ縁結びカウンターが向いている人

ゼクシィ縁結びカウンターは

「自分に自信を持てる人」

「ガツガツいける人」に向いている

結婚相談所であると言えます。

 

何度も言っていますが、ゼクシィ縁結びカウンターは

「コネクトシップ」という複数の結婚相談所の会員を共有するシステムを利用しています。

 

つまり、ゼクシィ縁結びカウンターの他にも、

パートナーエージェントやエン婚活に登録している異性とも出会うことができるのです。

 

別の相談所の会員が混ざると、ちょっと不安…と思うかもしれませんが、

これは ご安心ください!

 

いずれも、低価格をウリにしている結婚相談所がメインになりますので、

ゼクシィ縁結びカウンターの会員と近い環境にいる方が多く登録していると考えられます。

 

また 価値観や、お話が合うとか、出会える異性のバリエーションが多くなる反面、

他の会員との違いを明確に意識しておかないと、自分のほうも埋もれてしまいますので、

ここはご注意くださいね!

 

自分に自信をもってアプローチを行うことができたり、

積極的に動ける 行動力があるのであれば、

リクルートのゼクシィが用意してくれた最高の環境を活かすことができるでしょう!

 

その環境面が整っている分、他の結婚相談所より

かなりお得に感じるのではないでしょうか。

 

おすすめできない人

 

反面、ゼクシィ縁結びカウンターは

自分に自信を持てていない人」には

向いていない結婚相談所であると言えます。

 

ゼクシィ縁結びカウンターは良くも悪くも急成長中、今 流行の結婚相談所です。

料金も他社と比較して安価に設定していることから、

初めて婚活をする人」が多く利用しています

 

また、サービスの内容も、そのほとんどがネットを介したものであるため、

直接カウンセラーと会う機会があまり多くはありません

 

少し厳し目に言ってしまうと、

自分から行動をしていかないと、 いい結果は期待ができないとなります。

 

このあたりは「いい環境を整えるから、あとはアナタ次第です」的な

大手企業の考え方なのかなという感じがします。

 

なので、何ごとにおいても受身な方や、自分をアピールするのが苦手な方は、

カウンセラーと頻繁に相談できる結婚相談所を利用することをお勧めします。

 

評価(まとめ)

 

ゼクシィ縁結びカウンターは、

今 最も勢いのある人気の結婚相談所だと言えるでしょう。

 

特に、初めて結婚相談所を利用される方や、

都内や大都市内での結婚を目指されているのであれば、

かなり力になってくれるのではないでしょうか。

 

ゼクシィという名前を冠するだけあって、

女性の目線に立ったサービスの作り方や考え方をしているので、

どちらかというと「女性向けの結婚相談所」といえるかもしれません。

 

反面、コネクトシップを利用していることもあり、

会員間や結婚相談所間のトラブルや、

そこから来る情報伝達に悩まされることも稀にあるようです。

 

また、結婚相談所を利用する人は、一般例と同じく6:4で女性の方が やや多いだけに、

必然的にライバルも増えてしまいます。

 

さらに、会員が急増していることもあり、

入会から日にちが経つにつれ、出会いの機会も減る傾向にあります。

ですが、新しい勢いのある結婚相談所なので その辺りの対策やフォローは自分から働きかければしてもらえるでしょう。

 

結婚相談所の一般的な男女比など、環境面の課題こそ ありますが、

「信頼感」と「使いやすさ」、そして「コスパ」はとても優れているのがゼクシィ縁結びカウンターです。

ゼクシィ縁結びカウンター

今 一番勢いがあり、フレッシュな会員も多い、おすすめの結婚相談所と言えるでしょう。

 

もし、あなたが普段の生活で出会いの機会が全然ないと悩んでいるのなら、ゼクシィ縁結びカウンターは 婚活する強力な助けになってくれるハズです!

ノッコ
ここでは、35以上のマッチングアプリで婚活の効果を検証してきた私が、

結果が出る!おすすめのマッチングアプリをランキング形式で紹介しますね。

 

アプリは婚活の本気度と 年齢によっても

多少おすすめ度は変わってきますが、

今回は20~30代の男女で、出会える可能性と質にこだわって厳選しています。どうぞ ご覧ください。

 

イチオシ 40代以上の方も 特におすすめのモノがありますのでご安心ください。

40代以上の方また アプリ以外のオススメは、

こちらの ノッコおすすめサービス一覧で紹介しています。

 

婚活アプリおすすめランキング

おすすめ1位 ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

結婚の情報誌「ゼクシィ」を出版する大手企業リクルートが運営しているので、まず安心感が違います。

そして 数ある婚活アプリの中でも、登録ユーザーの真剣度は高目です。

また ゼクシィ縁結びは パートナーの検索や紹介、メッセージも1通目までは無料

 

なので、様子見で登録して 自分に合えば、本腰を入れて活動ができるという、ちょっとズルい始め方もできます。

ゼクシィ縁結びの特徴

  • 卒業証明、年収証明の任意提出ができる
  • 女性も有料登録が必要

ゼクシィ縁結びは、この2つのフィルタリングがあることで、婚活に本当に真剣な人たちが集まっています。

これらは 他の一般マッチングアプリにはない機能です。

 

また 女性が有料なアプリはめずらしく、

登録ユーザー数を削ってでも 会員の質にこだわるゼクシィ運営側の姿勢が伝わってきます。

なので 実際にこのアプリで出会った場合、交際に至る確率が高いのも特徴の一つです。

ゼクシィ縁結びは、結婚相談所的な特長も少しありながらリーズナブルで、婚活の初心者には とても優しいサービスになります。

おすすめ2位 with(ウイズ)

withはアクティブな会員が多い メンタリストDaiGoが監修している婚活マッチングアプリです。

真面目な出会いを求める20~30代が中心で、

女性が楽しめる仕組みが多く用意されています。そのため

男女比は6:4と、女性ユーザーの比率が他のアプリより高いのも特徴です。

 

withは『共通点検索』ができるので、見た目や条件以外にも「気が合う度合い」で

理想の相手を見つけることができます。

登録は基本無料。上場企業が運営しているので安心もあります。

こんな人におすすめ

  • Pairsなどのマッチングサービスを利用しているけど、まだ結果が出ていない人
     
  • 年収などの条件だけでなく、相手と自分の価値観や気の合う度合いでマッチングしたい人

withは、アクティブな会員が多いので、メール返信を待たされるのが嫌という人には

特に、おすすめです。

おすすめ3位 ペアーズ

pairs3

 

実際にこちらのペアーズで結婚されたり、交際に至ったカップルが身近にも多数います。

婚活色が少なめで 気軽にはじめられて、一定の質も期待できる点は高評価です。

 

しかもPairsは無料で使えます! また

Pairsのおすすめのポイントをあげると

  1. 20~30代の真面目にパートナーを探している男女が多数登録
  2. コミュニティ機能で共通の趣味や興味でつながれる
  3. 実名は公表されないシステム
  4. Facebookの友達には出会わないので安心

の4つが上げられます。

また スマホ版とPC(ブラウザ)版があるので、利用状況にあわせたスタイルを選択できます。

婚活を、低いハードルでスタートできることはペアーズの魅力です。

-婚活サービス, 結婚相談所

Copyright© ねこ婚活研究所 , 2018 All Rights Reserved.